部門紹介

薬剤科

 当院では、外来患者の皆様には「かかりつけ薬局」による薬歴作成や他の医療機関からの重複投薬の防止など医薬分業のメリットを生かしていただくため、院外処方箋の発行にご協力をお願いしています。
 薬剤師4名で、調剤業務、注射払い出し業務、製剤業務(注射薬無菌調製等)、医薬品管理業務、医薬品情報管理業務、病棟薬剤管理業務、の業務を行っています。

研究検査科

 検査科の業務は、大きく検体検査部門と生埋検査部門に分けられます。検体検査部門では、一般検査・血液検査・生化学検査・免疫検査・細菌検査・輪血関連検査などがあり、迅速で正確な検査データを臨床ヘ提供しております。また細菌検査においては、院内感染防止対策にも重要な役割を担つております。
 生埋検査部門では、心電図・肺機能・脳波・超音波検査・眼底カメラ・聴力検査など広範囲に実施しております。
 検査精度に関しましては毎年、日本医師会に代表される外部精度管理調査に参加し、優秀な成績を修めております。
 また、ICTラウンドや病棟検体収集、中央採血室での外来採血などの業務も行い、他部門のスタッフとの連携も図り、質の高い医療を提供できるように努めております。

放射線科

 放射線科では一般撮影、X線TV、X線CTなどが稼働しています。診療放射線技師は診断に有用な画像データを提供しています。撮影された画像はオンラインで院内各診療科に配信されます。また、診断参考レベルに基づき、被ばく低減に努めています。病診連携など地域診療にも貢献しています。

栄養管理室

詳細を見る

 栄養管理室では入院患者さんの食事を美味しく温かく安全に提供できるよう心をこめた食事サービスを行っています。病気治療の目的に合わせ、患者さんの栄養状態(栄養の摂取状況、身体状況の把握)を調べて計画的に改善のお手伝いをします。
 また、病気が原因で食欲が低下した方、高齢化に伴い飲み込みの悪い方、それぞれの状態に合わせたお食事を提供しています。必要によっては個別対応や栄養確保のための栄養剤等も提供しています。

リハビリテーション科

 当院におけるリハビリ患者さんは主に以下のようになっています。
  ‘麌妥錣△訐人一般病棟の患者さん
  (回復期〜維持期中心で、他病院からの転院患者さんが多くを占めます)
  ∋杏妥錣△觸転豹歓半祿音者病棟の患者さん
  H達障害領域の患者さん

 理学療法士6名、作業療法士4名、言語聴覚士2名が在籍しています。
 育児短時間勤務制度を利用する職員、非常勤職員、時間帯をずらした勤務体制の職員など、
多様な働き方をしているのが特徴です。

 施設基準は、
 脳血管疾患等リハビリテーション料機
 廃用症候群リハビリテーション料機
 呼吸器リハビリテーション料機
 運動器リハビリテーション料機
 障害児(者)リハビリテーション料
 を取得しています。

 入院後早期からのリハビリができるようにしたり、リハビリが必要な患者さんに多くのリハ職が
関われるようしたりすることを通じて、質の高いリハビリテーションが提供できるように
努力しています。

療育指導室

詳細を見る

 療育指導室では、心身に障がいや疾病を持った方々に対し、福祉と保育の立場から関わっています。3名の児童指導員と10名の保育士がいます。
  ボランティアさんを募集しています!!詳細はこちら

医療安全管理室

 医療安全管理室は患者様が安心して医療を受けられるよう、各職場の医療安全推進担当者や責任者と連携をとりながら、「医療安全」に向けての取り組みを行っています。
 各職場からのヒヤリ・ハット事例(事故には至らなかったけれどヒヤリとした事例)・事故事例の分析や予防策を現場の職員とともに検討します。
 他部門間でのシステムの検討が必要な場合、医療安全管理室が中心となり組織横断的な活動を行います。
 また、職員への医療安全に関する教育・研修を実施しています。

これよりフッタ
"));